ご意見・ご提案と回答 TOP
市民の意見箱にお寄せいただいた建設的なご意見・ご提案の概要を掲載しています。
掲載内容は公開日時点のものであり、現在の状況とは異なる場合があります。
Internet Explorerは令和4年6月16日にサポートが終了しております。別のブラウザを利用いただく等のご対応をよろしくお願いいたします。

毎月1日の午前3時から30分程度は、システムメンテナンスのため、
「市民の意見箱」「問合せフォーム」「FAQ(よくある質問集)」「ご意見・ご提案と回答」のシステムを停止します。
利用者の皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。
作業の進捗により停止時間が前後することがありますので、ご了承ください。

ご意見等と回答 燃えるごみの収集について

ご意見

燃えるごみの収集回数は、いつ3回に戻すのか。

市の考え・回答

本市では、大きく3つの課題があります。

 ①クリーンセンターから出された焼却灰などの最終処分場がないこと。
 ②クリーンセンターの老朽化による建て替えが迫っていること。
 ③分別排出が不十分であること。(燃やすごみの中に資源化可能なプラスチック製容包装類や紙類などが多く混入している。)
 このような課題に対し、平成29年4月1日よりごみの減量・分別の促進、収集の効率化を目的として、ごみの収集回数の削減を実施したことで、ごみの排出量については、昨年度より減少しております。
 しかしながら、燃やすごみの収集回数につきましては、市民の皆さまから収集回数を週3回に戻してほしいとの意向があり、タウンミーティングや議会での議論、ごみ量への影響を踏まえた結果、収集回数を戻すのではなく、ごみを減らすことやごみ出しの負担を減らすことなどを通じて、環境にやさしい街づくりを目指し、市民の皆さまの意向に応えたいと考えることとなりました。
 具体的には、生ごみを別の形で収集し、市民の皆さまの利便性を向上させるとともに、資源化を推進していきたいと考えております。

担当課

  • 環境部 循環型社会推進課

番号:1104 / 公開日:2019年3月22日