ご意見・ご提案と回答 TOP
市民の意見箱にお寄せいただいた建設的なご意見・ご提案の概要を掲載しています。
掲載内容は公開日時点のものであり、現在の状況とは異なる場合があります。
Internet Explorerは令和4年6月16日にサポートが終了しております。別のブラウザを利用いただく等のご対応をよろしくお願いいたします。

毎月1日の午前3時から30分程度は、システムメンテナンスのため、
「市民の意見箱」「問合せフォーム」「FAQ(よくある質問集)」「ご意見・ご提案と回答」のシステムを停止します。
利用者の皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。
作業の進捗により停止時間が前後することがありますので、ご了承ください。

ご意見等と回答 小さい指定ごみ袋が欲しい

ご意見
小さい指定ごみ袋が欲しく、市川市のWEBサイトで販売店を調べましたが、どこも遠いです。
販売店舗を広げてもらうことはできませんでしょうか。
市役所で入手できたらいいのですが、現状で手に入れる方法はありませんでしょうか。15リットルでも大きいので、10リットルや、5リットルもあると良いです。
市の考え・回答

本市では、ごみ出しルールの啓発、分別排出の促進、一定の大きさの袋を採用することによる収集時間の短縮、作業の安全性の確保・効率性の向上等を目的とし、平成11年10月より指定袋制を導入しています。

 サイズとしては、燃やすごみを例に挙げると、45リットル、30リットル、20リットル、15リットルの4種類があり、市民に指定袋を安価に購入してもらうため、市は袋の大きさや素材など規格の認定のみを行い、袋の製造は市が認定した製造業者が行い、各小売店等に流通されています。
 しかしながら、製造枚数の傾向としては、サイズの大きい袋ほど多く、小さいサイズの袋はあまり製造されていないのが現状であり、そのため、現在よりさらに小さいサイズを製造することについても、実際の流通という観点から課題があります。
 家庭ごみ処理手数料の有料化を行い、市で指定袋を製造している自治体では、本市よりも小さなサイズの指定袋を扱っていることは確認しておりますので、今後も他市の動向は注視してまいります。
 ご要望につきましては、今後の参考とさせていただきます。

担当課

  • 環境部 循環型社会推進課

番号:1105 / 公開日:2019年3月22日